本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

「その他」 一覧

高度な戦術化の傾向は否めないにしても、Jリーグでの戦術偏重のつまらないサッカーは見たくない。サッカーの基本は個人技と一対一の攻防。

ワールドカップのインパクトは 相当なものがあるね。 Jリーグの選手、指導者、関係者も 見ていることだろう。   特に今大会のように 優勝候補やFIFAランキング上位国を 苦しめる国のインパク ...

高度に戦術化されたサッカーがランキング上位国を苦しめているのでは?

ポルトガル、アルゼンチン、スペイン、 優勝候補にあがっていた国が 早くもラウンド16で敗退した。 ランキング1位のドイツ、 8位のポーランドにいたっては 予選通過すらできなかった。   興味 ...

クロアチア×デンマーク(7/1)決勝トーナメント1回戦 1-1(PK3-2) GKシュマイケルがMFモドリッチのPKを止めたが、延長PKを制したのはクロアチア。シュマイケルのお父さんは、伝説のGKピーター・シュマイケルだね。

スペインvsロシア同様 PK戦になりましたね。   デンマークのGKは イングランドのレスターで活躍する カスパー・シュマイケル。   そう、お父さんは マンチェスター・ユナイテッ ...

スペイン×ロシア(7/1)決勝トーナメント1回戦 1-1(PK3-4) パス数1,000本越えのスペインの攻撃を守り切った史上最弱開催国と言われたロシア

延長戦の途中位だったですかね。 パス数のスタッツが1,029本と表示されていました。(笑) 1,000本越えは今季マンチェスター・シティの試合で 生まれて初めて見たけど、(笑) ご存じの通り、マンチェ ...

フランス×アルゼンチン(6/30)決勝トーナメント1回戦 4-3 覚醒したかのようなフランスの新鋭FWエムバぺが逆転弾。ベテランから若手まで、すべての年代の選手が躍動したフランスがアルゼンチンを撃破した。

エムバぺに謝らなければならない。   エムバぺがグループリーグで ワールドカップ初得点をした時 あまりインパクトのあるゴールだと 感じなかったせいか、心の中で つい若き日のティエリ・アンリと ...

ウルグアイ×ポルトガル(6/30)決勝トーナメント1回戦 2-1 初失点するもC・ロナウドを完封したウルグアイ。剃刀のように鋭かった今大会屈指のツートップFWスアレスとFWカバーニの速攻。

鋭かったね、ウルグアイの速攻。 このツートップは今大会屈指かも。 そもそも ツートップを採用してるチームを見かけない。   でもウルグアイはできる。 FWスアレスとFWカバーニ、 この二人な ...

ベルギーは優勝候補に推したチーム。ベルギーと対戦できて光栄だ。特にMFデブライネという素晴らしい選手を見てほしい。

ベルギーはイングランド戦で 今大会で最後まで出場していなかった DFコンパニを後半に交代出場させ、 フィールドプレイヤーを 予選3試合ですべて出場させた。   決勝トーナメントを控え ほぼ万 ...

西野監督の振る舞いをたった一言で言い当てたリネカー(笑) ギャンブルを楽しんだ西野監督。

さすがリネカーだね。 ほかのBBCの解説者とは違うよ!(笑)   そう! 西野さんがやったのは 「どでかいギャンブル!」だよ! その通り!ミスター・リネカー!(笑) サッカーダイジェストWe ...

BBCの解説者から日本代表へラブレターだよ♡

日本代表はモテモテだね。   大会前に元コロンビア代表の アスプリージャから ラブレターを貰ったかと思ったら 今度は大会中にイギリス BBCから届いてる。 「監督として他のチームの試合結果に ...

日本×ポーランド(6/28)1次リーグ/グループH第3戦 0-1 引き分けを狙い、主力を温存してオーソドックスな4-4-2でポーランドに対応した西野監督のびっくり戦略。結果的には他力本願で満願成就。(笑)

驚きましたね。 誰が予想できたでしょう? 先発メンバーと 4-4-2のフォーメーション。 敵を欺くにはまず味方から。(笑) ポーランドはまず分からなかったでしょうね。   でも先制されてから ...

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.