本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

「大宮アルディージャ観戦日記」 一覧

メンターなどという俗耳に響きのいい言葉

このクラブだったら成長できる。 このクラブで成長したい。 そう思ってる選手ってどれくらいいるんだろう。   小林大悟選手、東慶悟選手、江坂任選手、瀬川祐輔選手なんかはどう思っていたのか聞いて ...

正直な子供たち。春眠暁を覚えず。

徳島戦の時、子供たちが集団でスタンド観戦していた。 前半はみんなでおしゃべりしながら見ていた。 なかには車座になって、しゃべくってる子供もいた。 笑ったね。(笑)   ところが、後半になって ...

サッカーはこの世になくても困らない

サッカーがこの世になくても、衣食住には困らない。 好きでやっていたものが、食うためにやるようになると、とたんに苦しくなる。 激烈な競争の世界だから。 食うためにサッカーをやっていたわけではないのに い ...

サッカーをやるのも見るのも正解はなし

サッカーをやるにも、見るにも正解はありませんよね。 サッカーが恋人だとしたら このカップルの付き合い方は正解です、なんてないですよね。 なによりもカップルが楽しんだり、満足したすることが大事です。 & ...

楽しいことには、理由(わけ)がある

もしお客さんがいないところでサッカーやったら、それは部活かな。 お客さんがいれば、プロでもアマでもお客さんを満足させるという要素が加わる。 選手にとって、サッカーをやる楽しみに、見せる楽しみという要素 ...

サポーターなら、いくらでもダマせるよね

サポーターなら、いくらでもダマせるよね。 ルーティーンの練習をして、試合に出る。 ゲームプランは監督に言われた通りにする。 組織だからね。輪を乱さないように、慎重にね。 ケガは怖いし、シーズンも長いか ...

はっきり聞こえた、菊地光将選手の声

「割り切って、セカンドを拾え!」 徳島戦の前半に、ファーストボールをロストしたチームメイトを叱咤激励するDF菊地光将選手の声だ。 コーチング、なんて言葉でかたずけられないくらいカッコよかったぜ! &n ...

大前元紀選手 「元紀」いい名前だよね

大前元紀 いい名前だよねー。好きなんですよ。 日本の国史「日本書紀」や「考古学」を連想させるような名前。 名前をつけたのは、お父さんかな、お母さんかな、おじいちゃん、おばあちゃんかもしれないね。 素敵 ...

徳島ヴォルティスはJ2の実力者。負けても気にすることはない。

徳島は2017シーズン、J2で得点力2位、失点4位、得失点差1位の実力者。 負けても気にすることはない。 実力差があったということ。 いけないのは消極的になること。 J2の実力者にチャレンジャーが消極 ...

大宮アルディージャは今季J2プレイオフ進出に目標を下方修正すれば大丈夫

わずか3節でFWシモビッチとMF三門の良さを消し去った大宮。 大宮がどんなチームか、何が起こっているか、なんとなく分かってきた人もいるはず。 偶然だけど、徳島は2017シーズン7位。 7位のチームに” ...

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.