本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

大宮アルディージャ観戦日記 音楽で散歩

リヴァプールFCの愛唱歌「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン (You'll Never Walk Alone)」~ミュージカル『カルーセル(回転木馬)』~

投稿日:2017年9月10日 更新日:

アドセンス PCのみ記事上




プレミアリーグも開幕から4節が終了した。

インターナショナルマッチウィーク明けの第4節、リヴァプールFCはマンチェスター・シティのホームで退場者を出して5-0で大敗していたけど、こんなこともあるんですね。

まあ、マンチェスター・Cのフォワードと中盤いいからね!

アグエロ、シルバ、フェルナンジーニョ、デ ブライネとかでしょ。すごいですよホント。

 

さて、世界一美しいと言われるリヴァプールFCサポーターの歌声。

今シーズンもJsportsでプレミアリーグを見ているとリヴァプールFCのアン・フィールドでサポーターの愛唱歌「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン (You'll Never Walk Alone)」を聴くことができる。

実際にアン・フィールドで一度は聴いてみたい「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン (You'll Never Walk Alone)」。

それがイングランドダービーだったら最高なんだけど。

今シーズンは10月14日かな?

行って見たい!

 

この曲はもともとミュージカル『カルーセル(回転木馬)』の中で歌われる劇中歌だ。

作詞作曲はロジャース&ハマースタインで有名なリチャード・ロジャースとオスカー・ハマースタイン2世。

今から20年位前になるかな。帝国劇場で東宝のミュージカル『カルーセル(回転木馬)』を見に行ったことがある。

私が見たのはジュリーを涼風真世さん、ビリーを石川禅さんが演じていた。

「としまえん」で110周年を迎えた『カルーセル・エルドラド』という回転木馬に乗っていたら、メランコリックな音楽が流れたので、ミュージカル『カルーセル(回転木馬)』を思い出した。単純だね俺も。(笑)

ミュージカル『カルーセル(回転木馬)』はミュージカルの古典と言ってもいい作品だと思う。当時CDでも何度も聴いて、牧歌的なメロディーラインが「いいなあ」と思ったことを覚えている。

「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン (You'll Never Walk Alone)」以外では「ミスター・スノー(Mister Snow)」という曲が好きだった。あと「もしもあなたを愛したら(If I Love You)」もね。

東宝はダブルキャストでジュリーを鈴木ほのかさん、ビリーを宮川浩さんが演じていた。このふたり、歌が超うまい!うっとりしますよ。

確か東宝の『カルーセル(回転木馬)』の対訳も『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』同様、岩谷時子さんだったと思う。訳詞もいいんですよ。

 

リヴァプールまで「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン (You'll Never Walk Alone)」を聴きにいくのはたいへんだけど(笑)、Jsportsなら簡単に聴ける。

 

ヨーロッパサッカーならこちら↓  スカパーオンデマンドなら、PC・スマホでも視聴OK!

 

ミュージカルでオリジナルの「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン (You'll Never Walk Alone)」を気軽に聴くなら、オススメはもちろん東宝のミュージカル『回転木馬』のCDだ。

赤盤(キャスト 涼風真世、石川禅ほか)

白盤(キャスト 鈴木ほのか、宮川浩ほか)

Twitterフォローボタン

-大宮アルディージャ観戦日記, 音楽で散歩

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.