本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

大宮アルディージャ観戦日記

縦軸が安定しつつある大宮アルディージャ。キーポイントは「戦術」ではなく「選手」。東京ヴェルディ戦

投稿日:

東京ヴェルディ戦を見ていて感じたのは

大宮アルディージャの縦軸が安定しつつあるということ。

具体的には

GK笠原

DF菊地 DF河本

MF三門 MF大山

FWシモビッチ FW大前

この縦ラインだ。

1-0で完封したアルビレックス新潟戦もこの縦ラインで戦っている。

 

このメンバーで戦う時

大宮アルディージャは少なくとも

弱くない。

 

また言うけど

大宮アルディージャに大した「戦術」など

あったためしがないから(笑)

石井監督がやってるのも

どんくさい4-4-2でしょ(ゴメンね、でもホントだから、笑)

 

「選手」のスキルだってわかってもらえるかな?

 

試合の途中で

菊地選手、河本選手、三門選手、大山選手の4人がピッチ中央で

何やら、戦術らしき打ち合わせをしている。

三門選手が手振りを交えて何やら話していた。

 

こんなこと言ったら身も蓋もないけど

戦術の打ち合わせだったら、あんまり意味ないから(笑)

 

あななたちのスキルが高いんですよ(笑)

あと、シモビッチとマテウスが点獲ったでしょ。

これも同じです。(笑)

 

笑い話しがあってね、

アルゼンチンのボカ・ジュニアーズだったかな?

「戦術」は

「マラドーナ」だったそうです。(笑)

Twitterフォローボタン

-大宮アルディージャ観戦日記

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.