本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

読書で散歩

『開運!まいにち神様』(KADOKAWA) 御守り代わりに1冊どうぞ

投稿日:2018年4月3日 更新日:

中臣鎌足(なかとみのかまたり)

覚えてますか?

懐かしいですね。

そうです「大化の改新」の中心人物だった人ですね。

 

中臣鎌足は藤原鎌足のこと。

藤原氏の祖先ということになります。

藤原氏は後の平安時代に、摂関家のひとつとして

日本の歴史に多大な影響をあたえたファミリーでしたね。

 

中臣氏は神話の時代には、神さまにお仕えする一族だったようです。

「大化の改新」以降、その中臣氏の役割は

祝詞(のりと)をあげること。

この本のテーマである

「大祓詞(おおはらえのことば)」だ。

人間は「心」「言葉」「行動」が一致すると

心身ともに健やかになるようですが

この「大祓詞(おおはらえのことば)」や

神社へ足を運ぶことが、

心を健やかに保つコツを教えてくれます。

 

おすすめ神社の中に

大宮の氷川神社も入っていましたよ!

天気もいいし、さっそく氷川神社へGO!

 

御守り代わりに一冊どうぞ。


にほんブログ村 本ブログへ

Twitterフォローボタン

-読書で散歩

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.