本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

大宮アルディージャ観戦日記

堅守速攻に貢献度が高かったのはFW大前元紀選手、MF三門雄大選手、MF大山啓補選手。先制点がさらに堅守速攻の効果を増した。横浜FC戦6/10

投稿日:

そういうことです。(笑)

 

まあ、試合見てない人は

DAZN(ダゾーン)で見てくださいよ。(笑)

 

すごかったですよ

特にMFふたりの中盤でのプレッシング。

爽快感を味わいました。

 

これが効いたのも先制していたおかげ。

横浜は追いつかなくちゃいけないし

ダメな時の大宮みたいにボールをパスでつなぎたがる。(笑)

カモですよ、カモ。(笑)

三門選手、大山選手に引っ掛けられてましたよ。

 

しかもこのふたり

それぞれが

アシストも記録!

素晴らしい!

三門選手は初アシスト

大山選手は2アシスト目かな。

 

FWの大前元紀選手も

堅守速攻の功労者のひとり。

相手最終ラインへのプレッシングの

タイミングと圧のかけ方が

この試合は絶妙でセンスを感じました。

 

大前選手がプレッシングを開始すると

チームにスイッチが入る感じでしたね。

なによりも、大山選手からのクロスボールを

ヘディングで決めた2点目の追加点が試合を決定づけました。

 

追加点が獲れないと

MFのふたりもバテてしまいますからね。

 

もちろん

マテウス選手、嶋田選手コンビの

先制点が効いていたのは

言うまでもありませんけどね。

Twitterフォローボタン

-大宮アルディージャ観戦日記

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2019 All Rights Reserved.