本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

その他 大宮アルディージャ観戦日記

オーストリア×ペルー(6/26)1次リーグ/グループC第3戦 0-2 ペルーの速攻とシンプルなサイド攻撃で完封負け。オーストラリアの今後のサッカーの方向性は?

投稿日:

オーストラリアは

ロングボールを入れるような

大味なサッカーを卒業することを

前監督のポステコグルーが宣言して

現監督のファン・マルバイクが踏襲した。

 

ペルー戦でも縦のスルーパスで

ゴールチャンスを作ったりして

見ていて面白いと思わせるものはあった。

 

ペルーに2点ビハインドになってから

ベテランのFWケイヒルを投入して

セットプレイやクロスボールから

チャンスを作っていたけど

結果的にはノーゴールに終わった。

 

少なくともロングボールを多用し

ケイヒルのような能力の高い

センターフォワードに頼るようなサッカーを

やめた結果、予選を突破することは

できなかった。

 

ここからが

オーストラリアが試されるところだ。

 

どういうサッカーを目指しますか?

 

ケイヒルはチャンスは作っていたものの

ゴールにはならなかったことが

オーストラリアの方向性を

決めたような気がするのは

私だけだろうか?

 

日本にとっても

手ごわい相手になるだろうね。

Twitterフォローボタン

-その他, 大宮アルディージャ観戦日記

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2019 All Rights Reserved.