本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

大宮アルディージャ観戦日記

2018 J1参入プレーオフ1回戦 大宮アルディージャ対東京ヴェルディ0-1 名ではなく実を取りにいって、両方とも失った大宮

投稿日:

2018年11月25日(日)13:00 NACK5スタジアム大宮
大宮アルディージャ対東京ヴェルディ
試合結果 大宮0-1東京V(得点者:東京 71' 平智広)

 

引き分けを狙った試合の入り方になってしまいましたね。

記憶にも残らない、語り継がれもしないような試合内容のわりには、結果もついてきませんでした。

試合内容についてはライターの戸塚啓さんがNumberにわかりやすい記事をあげていますので、是非ご覧ください。

 

プレイオフと入れ替え戦でしばらくは楽しめると思っていたのですが甘かったです。(笑) 言ってもしかたがないので、クラブには来季に向かってチーム作りをしてもらいたいですね。

あまりにも素っ気ない幕切れだったので、NACK5スタジアム大宮を後にして、家に帰ってから、なんとなく喪失感に襲われていると(笑)、それを払拭してくれるサッカーの試合を、深夜偶然テレビで見る機会に恵まれました。

南米NO1クラブチームを決めるリベルタドーレス杯決勝戦1stレグです。

ボカ・ジュニアーズvsリバープレート

ボカのホーム、ラ・ボンボネーラ。リベルタドーレス杯(59回目)でのスーペルクラシコは史上初とのこと。

南米の一流の選手はヨーロッパにいく傾向がありますから、技術は最高レベルではなくなったかもしれませんが、ここにはある意味で最高峰のサッカーが凝縮されていますね。サッカーやクラブへの熱量、戦いの美しさや汚さといったものが、選手、指導者、サポーター、審判によって表現されていく世界。

2-2のドローになった1stレグで消沈するチームメイトを鬼の形相で叱咤する元アルゼンチン代表のFWテベスを見ていたら、過去のことなどどうでもよくなった。(笑)

スーペルクラシコを見てたらサッカーやクラブを愛する気持ちが蘇ってきたよ。(笑)

クラブ以上の指導者も選手もいない。

辞める指導者や、移籍する選手はとっとと出ていってくれ。(笑) 早く新しいチームを作ろう!

 

余談ですが、

ラ・ボンボネーラは収容49,000人というけど、ゴール裏は立錐の余地のない立ち見だから、迫力が半端ないね(笑) 50万円以上の値がついたチケットも出たそうです。大宮のプレイオフは前売りが完売とのことだけど、入場者は11,858人?なぜ空席がある?誰にチケットが渡ってる?なぜ来ない?

クラブ以上の経営者もいないからね!なんちゃって(笑)

それからもうひとつ

○○○○クラシコは噴飯ものだからやめたほうがいいよ(笑) たぶん最初はメディアがつくった言葉なんだろうけど、いい試合を何百試合と繰り返す中で、みんなから認められて、誰からともなく「クラシック」(偉大な試合)と呼ばれるようになるのがカッコイイよね!

Twitterフォローボタン

-大宮アルディージャ観戦日記

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.