本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

読書で散歩 音楽で散歩

ノーベル文学賞受賞者 ボブ・ディラン『歌は歌われるためにある』 文学と歌が違うことをそれとなく伝えたボブ・ディラン

投稿日:2017年6月15日 更新日:

「歌は文学と違い、読まれるためではなく歌われるためにある」

ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランが受賞講演でこう話したそうです。

フリーライターの夏生さえりさんは、詩人の谷川俊太郎さんから、文字ができる前、詞は音(音楽)として楽しまれてきたことを教わったそうです。(『今日は、自分を甘やかす』ディスカヴァー・トゥエンティワン刊) なるほど、確かに古い叙事詩なんかは文字ができる前は、音として口伝されたのだろうし、ボブ・ディランが若い頃に歌っていたフォークソングも文字ではなく音楽として伝承されてきた。

ボブ・ディランの歌で『It's Alright,Ma(I'm Only Bleeding)』(イッツ・オールライト・マ)という長ったらしい歌があるけど、私は若い頃この歌を全部歌うことができた。普通に文章だけで暗唱しようとしたらできなかったと思うけど、長い英詩を何故か全部覚えてしまった。詞の内容も抽象的で一見意味も分かりにくい歌だけど、音楽に乗せると不思議に覚えられてしまう。というのもボブ・ディランの歌詞はほとんど韻を踏んでいて、抽象的な詞であっても韻が踏んであるおかげで、なんとなく覚えられてしまう。谷川俊太郎さんは「詞の意味なんてどうでもいいんだよ」と言っていたそうだけど、『It's Alright,Ma(I'm Only Bleeding)』を歌っているとわかる気がするなあ。ちなみに気分がいい時につい口ずさんでしまうボブ・ディランの歌がいくつかある。分かりやすいラブソングもあるし、ボブ・ディラン独特の抽象的な詞もあるけど、メロディーと韻を踏んだ詞が心地いいものばかりだ。

『Desolation Row(廃墟の街)』(アルバム『追憶のハイウェイ61』1965)

『Jokerman(ジョーカーマン)』(アルバム『インフィデル』1983)

『Emotionally Yours(エモーショナリ―・ユアーズ)』(アルバム『エンパイア・バーレスク』1985)

『I Shall Be Released(アイ・シャル・ビー・リリースト)』(アルバム『ブートレッグ・シリーズ第1〜3集』1991)

『Make You Feel My Love(メイク・フィール・マイ・ラブ)』(アルバム『タイム・アウト・オブ・マインド』1997)

これはほんの一部でまだまだあるよ。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

Twitterフォローボタン

-読書で散歩, 音楽で散歩

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.