本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

音楽で散歩

クリスマスソング特集 BABY FACE『Christmas with BABY FACE』ほか

投稿日:2017年12月22日 更新日:

アドセンス PCのみ記事上




何回かに分けてクリスマスソングを紹介してきましたが今回が最終回になります。

今回は紹介しきれなかったクリスマスソングを一気にご紹介します。

BABY FACE『Christmas with BABY FACE』(1998 ソニー・ミュージックレコーズ)

ベビー・フェイスのクリスマスアルバムです。ベビー・フェイスらしい静かで繊細なR&Bを聴くことができます。自宅でのパーティーなどで使用してもいいかもしれません。

私はこのアルバムの最後のトラックに入っている「You Were There」という曲が好きです。この曲をリピートで何度も聴いたりします。最もベビー・フェイスらしい曲だとも思います。マイケル・ジャクソンが歌ってマライア・キャリーがカバーした「You Are There」とも曲想が似ています。

 

100%CHRISTMAS(1987 Telstar Records)

このオムニバスCDは中古で投げ売りされていたものを買ったものですが、この中に私の中で珠玉のクリスマスソングが2曲あります。

ハリー・べラフォンテ「Mary's Boy Child」

ジュリー・アンドリュース「The Secret Of Christmas」

この2曲はやばいです。(笑) 美しすぎて鳥肌が立ちます。

ハリー・べラフォンテと聞いて分かる人は少ないと思いますが「バナナ・ボート」を聴けば「あーあれか」と思う人も多いはず。「デイーオ、デイ―オ」と歌うあれです。(笑) ハリー・べラフォンテはこのようなジャマイカの民謡からジャズなども歌いこなしたアメリカの歌手です。ユニセフの大使などもして「ウィー・アー・ザ・ワールド」の提唱者でもあります。若き日のボブ・ディランも影響を受けているようです。

ハリー・べラフォンテは母が好きで私はその影響を受けています。若い頃にハリー・べラフォンテを初めて聴いた時は世の中にこんなに歌がうまい人がいるのかと思ったほどです。私がハリー・べラフォンテの曲で好きなのは「ダニー・ボーイ」です。アイルランド民謡をしっとりと歌うハリー・べラフォンテが大好きでした。息子が生まれた後は「ダニー・ボーイ」を聴くと泣けてくるようになりました。(笑) ハリー・べラフォンテのうっとりするような歌声を聴いてみてください。

ジュリー・アンドリュースも名前だけでは分かる人が少ないかもしれませんがミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の「ドレミの歌」といえば分かるでしょう。ミュージカルの影響かもしれませんがジュリー・アンドリュースの「The Secret Of Christmas」を聴いていると優しいお母さんに子守歌を歌ってもらっているような感覚になります。(笑) とにかく美しいジュリー・アンドリュースの歌声を聴いてみてください。

 

ケルティック・ウーマン『クリスマス・セレブレーション』(2006 東芝EMI)

ケルティック・ウーマンは先ほど紹介した「ダニー・ボーイ」を生んだアイルランドの申し子ですね。アルバムの最初のトラックには先日紹介した「オー・ホーリー・ナイト」も収録されています。文句なしのクリスマスアルバムです。女性ボーカルのハーモニーを楽しみたい人にはもってこいのアルバムです。

 

ボブ・ディラン『Christmas In The Heart』(2009 ソニー・ミュージックエンタテインメント)

「えっ!ボブ・ディランのクリスマスアルバム?」

私の感想もそうでした。(笑) いい意味でいつも期待を裏切るボブ・ディラン。(笑) まさかボブ・ディランがクリスマスアルバムを出すとはコアなファンなら誰も思わなかったでしょう。でもこのアルバムはチャリティになっていて収益は慈善事業に寄付されたそうです。それを聴くとやはりボブ・ディランらしい、ということになりはしないでしょうか。(笑) 逆に言うとチャリティでなければボブ・ディランのクリスマスアルバムは聴けなかったかもしれません。

エンターテイナーとしての珍しいボブ・ディランを聴いてみてはいかがでしょうか。

 

サザンオールスターズ『クリスマス・ラブ』(1993 ビクターエンタテインメント)

前回、back numberの「クリスマス・ソング」を紹介しました。back numberの曲には馴染みのある単語を除けば英語がほとんど使われていませんでしたね。サザンオールスターズはその対極をいきます。桑田佳祐さんほど英語の歌詞を自家薬籠中の物として表現できる人も稀なのではないでしょうか。サザンオールスターズの「クリスマス・ラブ」にもサビの部分で英語が使われています。天才桑田佳祐のクリスマスソングをback numberと聴き比べてみるのもいいかもしれません。

 

何回かにわけてクリスマスソングを紹介してきましたが、私がここに紹介したものは近年になって聴き始めたものもありますが、ほとんどが長年のあいだ好んで聴いてきたクリスマスソングばかりです。

みなさんにとって好きなクリスマスソングはなんでしょうか?

それが何であれ一番大切な人と一緒に聴きたいものですね。

幸せなクリスマスをお過ごしください。

dヒッツ/初回31日間無料

 

Twitterフォローボタン

-音楽で散歩

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.