本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

音楽で散歩

クリスマスソング特集 Naomile(ナオミール)『Sweet Huose Best Xmas Songs』

投稿日:2017年12月22日 更新日:

アドセンス PCのみ記事上




クリスマスソングを何回かに分けてご紹介してきましたが、いままではどちらかというと個人でしんみりと楽しむ音楽が多かったような気がします。

そこで今日は比較的家族みんなで楽しめる音楽を紹介したいと思います。

これから紹介するクリスマスソングは私が行きつけのカフェで数年前に偶然聞きつけたものです。私には行きつけの本屋さんがあります。私はその本屋さんで本や雑誌を購入して読書をすることが日課になっていました。

年末になるとお正月休みに読むための本を購入するのも楽しみのひとつです。私はクリスマス時期にも決まってその本屋さん行って本を物色してはその本屋さんに併設されているカフェで本を読むことが好きでした。口に入らないほど大きくておいしいハンバーガーサンドが食べられるお店です。私はよくバナナがトッピングされたチョコレートソースのかかったワッフルを好んで食べています。(笑)

カフェの店内ではいつも音楽が流れています。比較的ジャズが多かったと思うのですがクリスマス時期になると決まって流れるポップスがありました。女性ボーカルで様々なクリスマスソングをカバーしています。

「ジングルベル」「サンタが町にやってくる」「赤鼻のトナカイ」「きよしこの夜」「ホワイトクリスマス」「ママがサンタにキッスした」「そりすべり」「あわてん坊のサンタクロース」のような誰でも知っているようなベーシックなクリスマスソングからユーミンの「恋人がサンタクロース」、山下達郎の「クリスマス・イブ」、ワムの「LAST CHRISTMAS」、前回紹介したジョン・レノンの「ハッピークリスマス」のようなポップミュージックまで入っています。

今風で軽快なアレンジに乗せて、優しくて甘い感じのする女性ボーカルで歌われるクリスマスソングを聴いていると楽しくなってきます。私はカフェで本を読みながらこの音楽を何度か聴いているうちにすっかりファンになってしまいました。(笑)

どうしても誰が歌っているのか知りたかったので若い女性の店員さんに聞いてみました。

私「いまお店に流れているのは有線放送ですか?」

店員「いえCDです」

私「おーそれではそのCDを教えてくれますか?」

店員「もちろんです」

店員さんが持ってきてくれたCDは

Naomile『Sweet Huose Best Xmas Songs』(2009 CLOUDS ENTERTAINMENT)

私「Naomile?なんて読むんだ?わからん」(笑)

店員「これは『ナオミール』だったかな?」

メモに書き写して店員さんにお礼を言って速攻でAmazonにて購入しました。

それ以来ナオミールさんのクリスマスアルバムはクリスマス時期に必ず聴くCDに加わっています。いまでは家族と一緒に聴くCDとしても重宝しています。

先日も息子が保育園のお遊戯でCDにも収録されている「あわてん坊のサンタクロース」を歌いました。小林亜星さんの名曲ですね。

dヒッツ/初回31日間無料

Twitterフォローボタン

-音楽で散歩

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.