本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

大宮アルディージャ観戦日記

メンターなどという俗耳に響きのいい言葉

投稿日:

このクラブだったら成長できる。

このクラブで成長したい。

そう思ってる選手ってどれくらいいるんだろう。

 

小林大悟選手、東慶悟選手、江坂任選手、瀬川祐輔選手なんかはどう思っていたのか聞いてみたいね。

いつかね、今はいいや。(笑)

 

最近の若いやつには責任感がない。

出た!最近の若いやつ(笑)

こんなこと言うのは簡単なんですよ。

それなりに理由があるんじゃないのかな。

 

メンターなんて言うと、助言者とか、偉い人とかが浮かびがちだけど

もっとシンプルに考えると、こんなんでいいんじゃないかな。

「こんな人になりたい」

子供だったら「こんな大人になりたい」

 

ベッカムはエリック・カントナに憧れたそうだよ。(古い?笑)

カントナは練習が終わっても、黙々と個人練習するんだって。

例えば、ぼーんと高くボールを蹴り上げて、ピタッとトラップしたり。

だから、ユナイテッドの選手は自主的に練習するんですって。

ただでさえ憧れているスーパースターが「トラップの練習」してるから。

 

でもカントナのタトゥーを若手が真似し始めた時は、ファーガソンですら止められなかったみたい(笑)

それくらい、メンターは偉大なんです(笑)

Twitterフォローボタン

-大宮アルディージャ観戦日記

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.