本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

大宮アルディージャ観戦日記

大宮アルディージャは感動のない予定調和料理店 ファジアーノ岡山戦

投稿日:

アドセンス PCのみ記事上




大宮アルディージャを象徴する現象がある。

 

予定調和だ。

 

第9節ファジアーノ岡山戦はとってもわかりやすいので例にしてみよう。

前半の34分に大宮SB渡部大輔選手がケガで交代を余儀なくされたので

大宮の交代カードは実質2枚。

後半1-1で勝ち越さなければならない局面で

まず石井監督が切ったカードは左サイドハーフ横谷繁選手を交代して

茨田陽生選手を投入した。

そのまま横谷選手の左サイドハーフのポジションに入った。

本来インサイドハーフの茨田選手を

サイドハーフに起用すること自体、不十分な対応のうえに

茨田選手は今季、ノーゴール、ノーアシストで期待もできない。

 

その次に投入されたのがマルセロ選手。

MF大山啓補選手に代えて後半84分に投入された。

すでに残り6分。

マルセロ選手をFWのポジションにいれたのはいいのだけど

インサイドハーフ大山選手の抜けたポジションに茨田選手をシフトさせ

左サイドハーフのポジションにFW大前元紀選手をシフトした。

勝ち越さなければならない局面で

わざわざFWをハーフに下げる丁寧なポジション変更。(笑)

マルセロ選手も今季、ノーゴール、ノーアシストだから

丁寧に4-4-2のフォーメーションを維持したまま

攻撃力を下げてしまった。(笑)

 

大笑いだ。

何も起こらない。

綺麗に予定調和になってドローのまま試合終了。

 

大宮アルディージャ料理店では

いつも大体こんな料理が出てくる。

だからお客さんは、もういいかな、といって来なくなる。(笑)

いつもなら熱いサポーターが多くいるホーム側バックスタンド

 

大宮アルディージャ料理店は

活きのいい食材も予定調和にしてしまう。

最も得点力のあるFWシモビッチ選手を温存した。

ケガで不安があるなら

ベンチには入れてはいけないし

他のFWを入れておかなければならないのに。

 

活きのいい食材の良さを殺すことにかけては

名のある料理店になりつつある。

 

バレー選手、ラファエル選手、ムルジャ選手など

数え上げたらきりがないね。

面白いでしょ。

料理長(監督)が誰であっても変わらない

料理店そのものが持つ特徴なんです。(笑)

Twitterフォローボタン

-大宮アルディージャ観戦日記

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.