本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

読書で散歩

【追悼】渡部昇一先生一周忌 太陽のようにまわりを明るくさせる笑顔

更新日:

今日4月17日は上智大学名誉教授、渡部昇一先生の命日にあたります。

昨年ご逝去されてからちょうど1年が経ちました。

ここに改めて、弔意を表したいと思います。

 

 

この本は先日PHPオンライン衆知のツイッターで紹介されていた本です。

PHP新書の渡部昇一先生の本はすべて持っているつもりだったので

買い漏らしたと思い、さっそく購入しました。

この本は渡部昇一先生を追悼して『わたしの人生観・歴史観』を復刻したものでした。

私は単行本は持っていましたが、改めて新書で読んでみようと思います。

 

この新書の良心的なところは

末尾に渡部昇一先生の著作リストが掲載されていることです。

時系列で載っていますので、渡部先生の著作物を

古い順に確認することもできますし、

買い漏らした本を探して、購入することもできるかと思います。

 

いずれ、渡部昇一先生の全集も出版されることと思いますので

それまで、古い本はこのリストをもとに

古本屋やネットで購入したらいいのではないでしょうか。

 

私はこの本の帯に写っている渡部先生の笑顔が大好きです。

朗らかなお人柄でしたが、歯に衣着せず、物事の核心をつく物言いには

いつも感服させられるばかりでした。

ユーモアがあり、少し山形の訛りがある話し方は忘れられません。

 

生前は渡部先生から明るく元気になるような話しを

たくさん聞かせていただきましたので

現在を明るく生きて

この美しい国の物語を子孫に語り継ぎたいと思います。

 

そんな日本の姿を見て、渡部先生にも

天国から笑ってもらえたらうれしいかぎりです。

最後は渡部先生のように朗らかに笑っていられるような

老人になりたいと思います。

Twitterフォローボタン

-読書で散歩

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.