本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

その他 大宮アルディージャ観戦日記

いいところがたくさんあった日本代表(ガーナ戦5/30)。さらし者を作り出したい人たちの言うことは無視したらいい。

投稿日:

昨日は生で見られなくて、ウェブ等で途中経過を確認していたら、試合のことがやたらに酷評されている。

試合の事だけじゃなく、西野監督、選手、サッカー協会や広告代理店にいたるまで、怒りや失望の矛先が向いている(笑)。

スコアも0-2の完封負け。

そんなにひどい試合だったのか、と思いながらビデオを見始めて、すぐに気づいた。

 

いいところ、新しいところが満載のゲームだった。

だから、すごく楽しかった。

 

いいところ

やっぱり海外組は

うまい、早い、強い

のどれかを兼ね備えてる。

 

新しいところ

3バックの採用

だね。

 

まず、3バックの採用。

これは新鮮だった。

 

長谷部誠選手をスイーパーにするシステム。

槙野智章選手はミシャ旗下の浦和レッズで経験があるから、なんなく適応しているのがわかる。サウサンプトンの吉田麻也選手も試合が経過する毎に、適応する能力を示したね。急造なのに、非常に安定した3バックを見せてくれた。

久しぶりに新しい可能性を感じました。

ワールドカップまでに磨きをかけて本採用してもいいんじゃないかな。対戦相手にはレヴァンドフスキ、マネ、ファルカオ、ロドリゲスのような世界的なFWがいるから、3バックはオプションのひとつとして非常に重要に思うよ。

後半6分のPKは不運だったね。GK川島選手は飛び出す必要はなかった。もし長谷部選手が相手FWに抜かれても、吉田選手が追いついていたと思うよ。この失敗は本番のいい練習になったんじゃないかな。こんなことで3バックが失敗だった、と思ってほしくないね。

それにしても長谷部選手の経験と技術はたいしたもんだ。

 

次に、海外組の選手。

やっぱりうまいね(笑)

Jリーガーとは違うよ(笑)

 

この試合で印象に残ったのは大迫勇也選手、武藤嘉紀選手、本田圭佑選手、香川真司選手、宇佐美貴史選手、原口元気選手、長友佑都選手、といったところかな。もちろん長谷部誠選手、吉田麻也選手なんかもね。

本田選手のフリーキックはやはり武器だね。ワールドカップで日本が劣勢に立たされることは明らか。流れの中から点とるの難しいからね。本田選手はガーナ戦では流れの中からもチャンスを作っていたし、後半の立ち上がりには、開いて足元で受けて起点になるなど、攻撃のバリエーションをそれなりに持っていることを見せてくれた。当たり前だよね。そうじゃなきゃパチューカで今季10ゴール7アシスト、計17得点に絡むことなんてできないからね。17点だよ、17点!

香川選手も後半交代早々に2度連続でチャンスを作るあたり、他の選手との違いを見せつけてくれたね。宇佐美選手とはまた違う動きの質があって、フリーになるのが上手いね。あとパスがやわらかい。ケガでドルトムントでのシーズン後半を棒に振ったみたいだけど、ワールドカップ出場に何の問題もないよ。あとはゴールだけ!

このふたりを先に挙げたのは、このふたりへの批判が目立ったから(笑)。

しかも、広告代理店やスポンサーを絡めた誹謗のようなものまであったよ(笑)。

 

もちろん評価したいのはこのふたりだけじゃないよ。

長友選手、原口選手のサイド攻撃も見ごたえがあった。このふたりの特徴は、フルスプリントからクロスボールを入れられる身体能力と技術。前半にこのふたりの両サイドからのクロスボールあったね。

弱い代表チームなら、クロスボール1本満足に入れられないからね。

ただ、それをゴールに結びつけられるか、結びつけられないかの世界との差は、まだあるかもしれないね。

武藤選手の交代してすぐのヘディングシュートもインパクトがあった。武藤選手もマインツで今季8ゴールは立派だ。宇佐美選手もデュッセルドルフで8ゴールだけど、マインツは1部だから(笑)。

 

そんなわけで、いいところを挙げればきりがないけど、この代表チームにはなんの問題もないことを言いたかったんです(笑)

Twitterフォローボタン

-その他, 大宮アルディージャ観戦日記

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.