本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

大宮アルディージャ観戦日記

J2リーグ2018 第37節 大宮アルディージャ対栃木SC1-0 その場のノリでPKのキッカーを決めることー競争の世界やサッカーへのリスペクトを欠いた行為

投稿日:

2018年10月13日(土)16:00 NACK5スタジアム大宮
大宮アルディージャ対栃木SC
試合結果 大宮1-0栃木(得点者:大宮 23' 大前元紀)

 

昨日の試合は、ほとんど終始大宮が試合を優位に進めました。恐らくその要因は、栃木SCの3バックシステムの欠点を突いた大宮の戦術が上回っていたからだと思われます。

相手チームが3バックの時の大宮の常套手段として、サイドハーフを相手最終ライン近くまでポジションを上げ、相手のサイドバックを下がらせて、5バック状態にしたうえで、空いた中盤のスペースを使って試合を優位に進めることがあります。

昨日の栃木戦では、その手段が的中して、5バックになってプレスのかからない栃木の中盤のスペースを大宮が突いて、フリーになるプレイヤーを多く作り出すことに成功しました。

先制点も、ペナルティエリア付近でファールをもらって、フリーキックから生み出されたゴールでした。前を向いてプレイできた結果、得られたファールだったかと思います。

後半もその優位性は失われず、スカスカの栃木の中盤のスペースを使って大宮が優勢に試合を勧めました。その結果、FW大前元紀選手が前を向いてペナルティエリアに侵入した時、たまらず栃木のDFがファールしてしまいPKを獲得することに成功しました。

1-0から2-0にすれば、この試合を手中に収め、勝ち点3を得られるだけでなく、前半にフリーキックを決めてリーグ得点ランキングで暫定首位のFW大前選手の得点王も現実味を帯びてきます。

さらに重要なのは、36節終了時点でのリーグ2位~8位までの得失点差は5点以内に収まっていることから、勝ち点で同点になった場合、得失点差が順位に響くため、残り6試合で1点でも多く得失点差をプラスにしておく必要がありました。

得点数リーグ首位で、フリーキックを得意にしており、PK獲得のファールを受けたFW大前選手が当然蹴るものと思っていた矢先、MFマテウス選手がPKのボールをセットしようとしたあげく、FWロビン・シモビッチ選手が加わり、なんと3人で、公然とじゃんけんをして、キッカーをMFマテウス選手に決めてしまいました。

私はスタンドから猛然と選手に抗議しましたが、もちろん声は届きません。MFマテウス選手がPKを右ポストにあてて外し、1-0のスコアのまま試合は終了しました。

 

この振る舞いは一体何事なんでしょうか!

 

この振る舞いから、色々なことが思い浮かびます。

まず、PKは練習やシーズンの実績から、一番ゴール確率が高い選手(うまい選手)をチョイスするものです。そして監督、コーチなどがチームオーダーとして試合で誰がPKを蹴るか決めているはずです。そういった決まり事を軽視して、その場のノリで蹴っていいものではないと思います。

そもそも、そういった決まりごとが無いのであれば仕方ありませんが、それだとプロサッカーチームとして、アバウトに練習やデータ収集をやっていると言わざるを得ませんね。(笑)

それから、その試合が持つ意味合いも重要になってくるでしょう。監督やコーチは36節終了時点で2位~8位(プレイオフ圏内と思われるチーム)までの得失点差が5点以内にあることを把握していたんでしょうか?

首位を独走している状況ならいざ知らず、プレイオフ圏内に入れるか入れないかのシーズンの瀬戸際で、得失点差の持つ重みを充分に分かっているにもかかわらず、選手にそれが伝わっていないのでしょうか?また、監督やコーチから言われなくとも、選手自身で分かっていれば、あんな軽はずみな行動はとれないと思うのですが。

残念なことは他にもあります。得点王になる可能性のあるFW大前元紀選手は、なぜキッカーを簡単に他の選手に譲ってしまったのでしょう?得点王になりたくないのでしょうか?チームが勝てばいいと思っているのでしょうか?マテウス選手はPKを外したではありませんか。

また、相手チームに敬意を欠くとは思わなかったのでしょうか。相手GKの目の前で、公然とじゃんけんをしたのはなぜか?じゃんけんで決めるので、一番うまい選手が蹴るとは限りませんよと、相手GKを愚弄していると思われても仕方のない行為ですよ。

じゃんけんに今季6ゴールしかあげていないFWロビン・シモビッチ選手が混じっているのは滑稽ですが、MFマテウス選手は今季絶好調で、11ゴール8アシストですので、蹴りたいという意志は尊重します。しかし、PKを獲得したのはFW大前選手自身ですし、今季FKでゴールを量産して得点王に手がかかっているFW大前選手が蹴るのが妥当だと思います。

エースはキッカーを簡単に譲り、しゃしゃり出てきたプレイヤーがPKを外す。シーズンも終盤にさしかかり、貴重な1点が失われただけでなく、もし試合に負けていたらなおさら納得感もありません。

ノリでサッカーはやめません?

Twitterフォローボタン

-大宮アルディージャ観戦日記

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.