本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

その他 大宮アルディージャ観戦日記

高度な戦術化の傾向は否めないにしても、Jリーグでの戦術偏重のつまらないサッカーは見たくない。サッカーの基本は個人技と一対一の攻防。

投稿日:

ワールドカップのインパクトは

相当なものがあるね。

Jリーグの選手、指導者、関係者も

見ていることだろう。

 

特に今大会のように

優勝候補やFIFAランキング上位国を

苦しめる国のインパクトも相当なものがあるだろう。

 

だからと言って

「うちにはメッシがいない

だから戦術で戦う」

というような発想に陥らないでほしいと思う。

 

なぜなら、

つまらないサッカーをする

クラブチームを多く感じるから。

 

自分がつまらないと感じる

クラブチームの特徴は

整えられたフォーメーションによる

組織だったディフェンスを行う傾向にある。

 

そのかわり、

コンタクトプレイに迫力が無く、

一対一の攻防が見劣りしたり、

個人技を封印して

パスをしようとしたりする印象がある。

 

サッカーの基本が

個人技と一対一の攻防で

出来ていることを

忘れて組織でのプレイを優先しているかのように

私には見えてしまう。

 

ワールドカップの得点や失点シーンの

最後の局面では

煌びやかで想像力豊かな個人技や

火を噴くような

熱い一対一の攻防があることを

悪れてはならないだろう。

 

ワールドカップを見てれば

わかるよね。

Twitterフォローボタン

-その他, 大宮アルディージャ観戦日記

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2021 All Rights Reserved.