本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

大宮アルディージャ観戦日記

J2リーグ2018 第41節 大宮アルディージャ対モンテディオ山形2-1 見たか!鹿島イムズを⁉

投稿日:

2018年11月10日(土)16:00 NACK5スタジアム大宮
大宮アルディージャ対モンテディオ山形
試合結果 大宮2-1山形(得点者:大宮 51' マテウス 75' 茨田陽生 山形 90'+5'  三鬼海)

 

いい試合でしたね。

先制して、相手が追いつこうと前がかりになったところを速攻で追加点を獲る。MFマテウス選手をFW起用したのが功を奏したかもしれません。先制点も速攻からでした。特にMF茨田選手の追加点は見事でした。後半になると、山形のサイドバックの裏にスペースが出来て、MF茨田選手がフリーで駆け上がるシーンが何度かありましたが、なかなかパスが出ませんでした。ようやくMF大山啓補選手からのスルーパスが出て、MF茨田選手がゴールをあげることができました。やはり、フリーランニングと裏を狙う動きはゲームに躍動感を与えます。MF茨田選手は今季6ゴール目。MF大山選手もアシスト数を6に伸ばしました。

試合開始20分間くらいは大宮、山形、両チームともにラインが高く、コンパクトでプレッシングのかかった、ピリッとしたサッカーを展開してくれました。大宮はMFマテウス選手を純粋なFWにポジションをシフトして、FW大前元紀選手とツートップのフォーメーションを組みました。前線から相手DFにプレッシャーをかけて、ボールを奪取しようとしていましたし、セカンドボールもよく拾って、先制点を獲るぞという意気込みのようなものも感じることができました。追加タイムでの失点は残念ですが、GKも変わって安定感が増して、全体的にはいい試合運びだったと思います。

大宮は山形のような3バックのチームに対して有利に試合を展開する傾向がありますが、こんな試合をホームゲームでは毎試合見たかったですね。(笑)

 

さて、プレイオフ圏内の6位に入るには、最終戦を前にしてすっかり他力本願になってしまったわけですが(笑)、4位の横浜FCとの勝ち点の差が5ありますから、最高でも5位ということになります。従って、プレイオフでのホームゲームは叶わないことになります。あわよくば、プレイオフを2回戦勝ち進んで、できれば柏レイソルとの入れ替え戦に勝って、J1に昇格するという物語を描いているのは私だけでしょうか。(笑) なんとすれば、柏レイソルは江坂任選手と瀬川祐輔選手を昨季終了後に大宮から引き抜いただけでなく、今季は成績不振のためにシーズン中に監督を2度も解任し、しかも2度目の解任はリーグ戦残り2試合という状況下で行われました。リーグ戦残り3試合で監督を解任したどこかのクラブチームとそっくりではありませんか。(笑) また、コーチから柏レイソルの監督に就任したのは、大宮アルディージャでもプレイ経験のある、岩瀬健さんです。

格好の相手ではないですか。でも、そんなことは他力本願のクラブのファンが言うな、と叱られそうですね。(笑)

冗談はさておき・・・

鹿島アントラーズがACLを制覇しました。今季はリーグタイトルは逃したようですが、それでも32節終了時点でリーグ3位は立派です。詳しくはありませんが、それ相応のリーグの配当金も受けることができるでしょう。鹿島イムズなんて言葉は私が勝手に使っただけなのですが(笑)、転んでもただでは起きぬチーム、とでもいったらいいのでしょうか、鹿島は何かしらのタイトルを獲るチームという印象があります。しかもACLはビッグタイトルです。

大宮アルディージャも今季「優勝」を目標に掲げて戦ってきました。リーグ残り5試合になると今度は「全勝」と言い出しました。

何が違うんでしょうね(笑)

Twitterフォローボタン

-大宮アルディージャ観戦日記

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.