本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

大宮アルディージャ観戦日記

Jリーグ2017 第32節 ベガルタ仙台対大宮アルディージャ(アウェイ)石井正忠監督初采配で勝利できず事実上の降格が決定

投稿日:2017年11月18日 更新日:

2017年11月18日(土)14:00 仙台スタジアム
ベガルタ仙台対大宮アルディージャ
試合結果 仙台3-0大宮(得点者:仙台26'増嶋竜也 36'オウンゴール 57'三田啓貴)

私は普段アウェイゲームは引き分け以上で帰ってくればいいと思っているので内容は気にならない。今は残留がかかっているし、アウェイで勝つことが求められていて、かつ石井正忠監督の初采配ということもあり、内容にもこだわってDAZN(ダ・ゾーン)でゆっくり試合を見てみた。

散々だった。(笑)

もちろん勉強にはなったけど、これで事実上降格が決まった。😢

フォーメーションはフラットの4-4-2。分かりやすい。

ところがメンバーはこんな感じ。

リーグ戦先発が無かった選手が勢ぞろいした。

MF大山啓補5試合ぶり。MF金澤慎19試合ぶり。清水慎太郎18試合ぶり。和田拓也6試合ぶり。

FW大前元紀も純粋なトップで先発するのは久しぶりになるのかな。

しかもインターナショナルマッチウィーク等で3週間もリーグ戦がなかったわけだから、試合勘がなくなるのは当然だよね。

前半終了時点の走行距離ランキングは両チーム合わせて上位10位中、1位から5位まではすべて仙台の選手。

大宮には上記のメンバーに限らず試合勘のようなものが全くといっていいほど感じられない。淡々とサッカーをやっている印象だった。

スピーディーでタイトなマークはない、激しくボールにアプローチするコンタクトプレイはない、球際は弱い、運動量、質ともに秀でたものがなく、何よりなりふり構わず戦う精神力のようなものを感じませんでした。戦術うんぬん以前の話しで残留がかかっている試合でこれではだめだ。

前半FW大前がDFラインの裏を狙う動きをしてもパスは出ない。パスが出なくても叱らない、パスを出さなくても叱られない。おそらく練習の時からやっていないのでできないのでしょう。

そのFW大前を交代して後半の出だしからFW瀬川を投入するも、全体的な動きは改善が見られず、57'に仙台のMF三田に3点目を奪われ引導を渡されてしまった。ディフェンスが後手に回った結果だった。

後半途中出場したFWマルセロもゴールに向かえない守備的MFとして起用され、MF大山は不必要と思われるイエローカード2枚で退場処分となる。DF奥井諒もイエローカード累積4枚で次節出場停止となった。

監督が2回変わる不運のあったシーズンだけど、大宮は今シーズン、チームの中で磨きをかけてきたものがあったのだろうか?

なんでもいい。攻撃や守備のパターンのような戦術でもいいし、この選手とこの選手のコンビネーションだけは抜群だとか、選手の個人の力を伸ばしたようなこと、レギュラーに通用するような若手の育成でもいい。目には見えないけど、精神的な成長のようなものでもいいかもしれない。

これだけは積み上げてきたんだ、磨いてきたんだというものをホーム最終戦で見せてほしいですね。

Twitterフォローボタン

-大宮アルディージャ観戦日記

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2020 All Rights Reserved.