本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

その他 大宮アルディージャ観戦日記

ブラジル×コスタリカ(6/22)1次リーグ/グループE第2戦 2-0 ロスタイムに衝撃的な結末。試合後に号泣したFWネイマールには相当の重圧がかかっていたに違いない。

投稿日:2018年6月22日 更新日:

衝撃的なブラジルの勝利だったね!

 

MFコウチーニョの感動的なゴールのあと

PKをVARで取り消され

さんざんコスタリカのディフェンダーに

煮え湯を飲まされたブラジルのエース

FWネイマールがダメ押し点を決めて

自身とブラジル国民の溜飲を下げた。

 

しかもブラジル人らしく

ゴール直前には

ゴールライン付近で

両足でボールを挟み

後ろに跳ね上げるような

トリッキーなリフティングまで見せてくれた。

 

ブラジルのエースの矜持、

としか言いようがない。

 

これと全く逆の結果になってしまったのが

アルゼンチンだった。

チームだけでなく

エース、メッシも沈黙したまま

クロアチアと引き分けることすらできなかった。

 

ブラジルは負けはしないにしても

誰もが引き分けを予感した。

エースのゴールが生まれないことも

アルゼンチンのメッシを想起させた。

 

いくら大事な試合とは言え

1次リーグの第2戦の試合後に

ネイマールが号泣していたのも

想像もつかないような重圧が

のしかかっていたに違いない。

 

これがブラジル代表のエース、

ブラジル代表そのものなのだろう。

Twitterフォローボタン

-その他, 大宮アルディージャ観戦日記

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2019 All Rights Reserved.