本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

「大宮アルディージャ観戦日記」 一覧

天皇杯3回戦(7/11) 大宮アルディージャ対ベガルタ仙台 0-1 主力の仙台に負けたというが、大宮も主力?の外人3選手を出場させて、しかもホームで戦っている。外国人選手入替のサイン。夏の選手登録は7月20日から開始。

主力でない外国人選手っているのかね? まあ、置いときましょうか。(笑)   さて、試合を見ていないので おおまかなスタッツや シーズンのシチュエーションを眺めながら なんとなく感想を言ってみ ...

イングランド×クロアチア(7/11)決勝トーナメント準決勝 1-2 先制で守勢になったイングランド、同点にされた後はクロアチアがペースを握った。

今大会の出場国の中で最もセットプレイで得点しているイングランドが試合開始5分でFKを決めて先制した。クロアチアは決勝トーナメントに入ってからデンマーク戦、ロシア戦と立て続けに延長戦を戦っているためか、 ...

サッカーは相手を倒すことがすべてではないことをワールドカップは教えてくれる。自分が活きること、相手を活かすこと、そして何よりも楽しむことが大切。

昨日は今大会でも屈指のハイレベルな試合ではないかと思う、ベルギーvsフランスの準決勝の試合を堪能した。攻撃力のあるベルギーを完封で抑え、フランスが決勝に進出した。才能あふれる、イマジネーション豊かな選 ...

ベルギー代表はプレミアリーグ選抜、フランスはプレミアリーグ&スペインリーグ選抜といったところだろうか。代表チームの組織編制の参考になるのでは?ベルギーvsフランス準決勝7/10

この大会のベスト4に残った国の内、クロアチアを除く3チーム、ベルギー、フランス、イングランドはその中心メンバーをプレミアリーグで活躍する選手で揃えているのが特徴だ。イングランドに至っては、すべての選手 ...

ベルギー×フランス(7/10)決勝トーナメント準決勝 0-1 文句なしで大会屈指のハイレベルな試合。プレミアリーグのトッププレイヤーを中心に構成された両チームの戦い。

ハイレベルな試合でしたね!今大会屈指と言っていいんじゃないかな。 この試合がハイレベルで面白かったのはたぶん理由がある。同じチームやリーグに所属している選手が双方に多く、お互い手の内を知っている選手同 ...

MF酒井宣福選手のコメントが明らかにしているサッカーの本質のひとつ。ポジショニング。 市原・千葉戦7/7

酒井選手、2アシストお見事でした! でも1失点で、得失点差1だね! 冗談です。(笑)   さて、酒井選手のコメント。抜粋です。 「・・・全員が良いポジションでボールを受けられるようになってき ...

3ゴールとも、ほとんど手数をかけずに獲った素晴らしいゴール!お粗末な失点のおまけつき。市原・千葉戦7/7

3ゴールとも素晴らしいゴールでしたね! 何が素晴らしいか。 手数を掛けずに(リスクを掛けずに)獲ったゴールだから。 パス6本で3ゴールあげました!   1点目の同点ゴール パス3本 河本→富 ...

第22節ジェフユナイテッド市原・千葉戦(アウェイ)3-1で大宮の逆転勝ち 7試合負けなしの理由は明らかに得点力の向上。7試合中6試合で得点した大前元紀選手に拍手。

7試合負けなしだねー。 一番の理由は 得点力が上がっている から。 得失点差を見てほしい。 7試合でプラス11。 得点力はマーベラス。 守備力は普通って感じかな。 まあ、クリーンシートが3試合あるのは ...

ロシア×クロアチア(7/7)決勝トーナメント準々決勝 2-2(PK3-4) スペイン同様、クロアチアを苦しめたロシア、PK戦で敗れる

ロシアはスペイン同様、クロアチアも苦しめたけど、負けてしまったね。前半こそ互角に戦ってたロシア、後半はクロアチアにすっかりペースを握られてしまった。にもかかわらず、後半の土壇場でセットプレイでクロアチ ...

次期日本代表監督は森保一オリンピック代表監督が兼務することが自然の流れ。協会は前例や実績にとらわれず自由な発想で日本代表を導いてほしい~イングランド代表、フランス代表の躍進からのインスピレーション~

イングランド代表とフランス代表の躍進には驚かされましたね。両チームともベスト4進出を決めました。その原動力は若手選手にあり、なおかつ監督も比較的若い世代が担っていることも両チームの共通点と言えます。 ...

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.