本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

大宮アルディージャ観戦日記

東アジア選手権 第2戦 日本対中国 単調な試合に変化をもたらしたFW川又堅碁 Jリーグ2017第3節、川又の決勝弾で敗れた大宮を思い出す。中村俊輔の口癖は「もっと練習しろ」

更新日:

Jリーグ2017第3節の大宮のホームゲームで磐田のFW川又堅碁に野性味の溢れる決勝弾を叩き込まれたのを覚えているだろうか。

イーブンの浮き球に対して大宮DF河本に体をぶつけてボールを奪い強引にシュートまで持ち込んでいったプレイだった。

シュート体制に入られてはDFはシュートコースを消さざるを得ない。

中国戦でのFW小林のゴールもシュート体制に入ったFW川又に中国DF3人が完全に注意を取られた瞬間に、FW川又の咄嗟の判断でFW小林へのパスに切り替えたことから起こった。

Jリーグ2017 第3節 大宮アルディージャ対ジュビロ磐田 中村俊輔の技術と名波監督の戦術に敗れた大宮アルディージャ

東アジア選手権の第2戦の得点者はFW小林悠とDF昌子源だった。

FW小林はJリーグ得点王の意地を見せてくれたしDF昌子のシュートは攻撃の選手でも打つことができないような無回転ぎみのロングシュートだった。

DF昌子の得点がなければ日本は引き分けに終わっていたかもしれないと考えると貴重な追加点だった。

結果、日本は2-1で中国に勝つことができた。

全体的には単調で退屈な試合だったが、途中出場したFW川又堅碁が変化を起こした。

前半は先発出場したFW伊東純也が右サイドでドリブル突破したり、FW小林がクロスボールを中央でヘディングシュートしたりするシーンもあり、早い時間での先制点を期待したが次第に単調な試合になっていった。

中盤の深い位置から相手DFラインの裏にロングボールを供給して早い攻撃も仕掛けていたが、単発的な攻撃に中国のDFも慣れていったと思われる。

退屈な試合を変えてくれたのは75'に交代出場したFW川又堅碁だった。

FW川又のポストプレイにより、中盤を経由したサイドへの展開が容易になり中国のDFが後手に回りはじめた。

得点は中国のDFが後手に回り始めた直後に生まれた。

ハリルホジッチ監督のサッカーはできるだけ中盤を経由せず、DFラインの裏への球出しや、サイドからの早い攻撃を指向していることが感じられる。

その是非はともかく、器用なことをしようとしていないので試合が単調になる。

だから試合に変化を起こすのには交代選手の役割が重要になる。

この2試合を見ると、第1戦はFW伊東純也第2戦はFW川又堅碁が変化を起こしたように思う。

またFW川又は第1戦も途中出場し、得点にはならなかったがクロスボールに対し相手DFを振り切りヘディングシュートをしている。

後半になって疲労が増してくる時間帯にFW川又を投入することは相手DFにとって脅威になっている可能性を感じる。

FW川又は有効なオプションのひとつになるかもしれない。

一方でこの2試合に共通していることは、ワールドカップ出場を逃した格下の相手に後半の後半にならなければ点を奪えない試合展開をしている点にある。

韓国戦は日本が引き分けても東アジア選手権の優勝が決まる。

FIFAランキングは下だが日本とほぼ同格の韓国とどのような試合をするのか、この2試合を踏まえてしっかりと試合のプランを立てることが課題になると思う。

また、戦術的には第1戦では北朝鮮にボールを持たされ速攻を受ける悪いパターンでシュートを浴びたが、第2戦の中国戦はボール保有率はほぼ同じで、決定機は何度か作られたものの北朝鮮戦のようにシュートを浴びることはなかった。

引いて守ることをしない中国のマルチェロ・リッピ監督には日本にボールを持たせるプランがなかったのではないかと思うが、ハリルホジッチ監督の戦術が通用するかどうかも次の韓国戦で試されることになる。

 

余談だが、Jリーグ2017第3節では中村俊輔にもハイレベル技術を思わせるフリーキックを決められて大宮は2-1で負けている。後半になっても体力の衰えない中村俊輔に感心したものだ。おそらく練習の賜物だろう。

川又堅碁はそんな中村俊輔から毎日のように言われるという

「お前、もっと練習しろ」

才能よりもっと大事な要素がここに隠れているかもしれない。

 

ゴールジャパン記事「お前、もっと練習しろ」川又堅碁が明かす先輩・中村俊輔の”愛のムチ”

日本のサッカー界はオフに入ったが、海外サッカーは熱い戦いが続いているよ!迫力あるプレーを楽しもう!

Twitterフォローボタン

-大宮アルディージャ観戦日記

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.