本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

大宮アルディージャ観戦日記

J2リーグ2018 第9節 大宮アルディージャ対ファジアーノ岡山 FW大前元紀選手の今季4ゴール目でチーム内得点王タイ。シモビッチ選手を出場させなかったのはなぜ?

投稿日:

2018年4月14日(土)16:00 NACK5スタジアム大宮
大宮アルディージャ対ファジアーノ岡山
試合結果 大宮1-1岡山(得点者:大宮 9'大前元紀 岡山 54'上田康太)

 

大前元紀選手の今季4ゴール目でシモビッチ選手に並んでチーム内得点王1位タイになった。

大前元紀選手は今季2アシストしているから、6得点に絡み、9節終了時点でチーム内で最も得点に貢献している選手になった。

 

元紀のゴールは元気のゴール!

大前選手も元気が出てきたかな。

 

2016シーズンはJ2清水で18得点している選手だから感覚が戻ってきたのかもしれない。

継続してガンガン点を獲ってくれ、大前!

 

印象に残った選手が2人いた。

ひとりはDF河面旺成(かわずらあきなり)選手。

大前選手の得点も河面選手のドリブルから誕生した。プレイエリアのスタッツ(統計)をみると、全体的に左エリアでのプレイ率が高い。

河面選手の活躍の影響がうかがえる。一方で自陣でのプレイ率も高いので、敵陣でのプレイ率を高めればどんどん良くなっていくだろう。

 

もうひとりはMF嶋田慎太郎選手。

右サイド敵陣でのプレイ率が比較的高いのは右サイドハーフで起用された嶋田選手のおかげだろう。

今まであまり見られなかったスタッツの傾向だ。

右サイドは嶋田選手の運動量であきらかに活性化していたし、前半の大前選手のゴールのアシストも今季初ではないだろうか。

後半になっても運動量が衰えず、最後までアシストか得点の匂いを感じさせてくれた選手だった。

あの無尽蔵な体力は本当に魅力だ。

マテウス選手や横谷繁選手とのレギュラー争いになると思うが、まずはアシストおめでとうと言いたい。

 

その他、今季初先発のFW富山貴光選手も良かった。

何がいいかと言うと、富山選手は相手DFとのコンタクトプレイを厭わない。

バチバチ体を当てられて、明らかに相手DFが嫌がっているのがわかった。

前半にはDF河面選手からのクロスボールを、ヘディングで枠内にシュートするシーンもあった。

クロスボールが増えれば、富山選手のゴールも見ることができるだろう。

 

それからMF大山啓補選手も攻守にわたって安定感を見せた。

大山選手には特に攻撃面で期待している。

 

セットプレイからの失点は元大宮アルディージャの上田康太選手にやられてしまったね。

あんないい位置でフリーキックを与えたらやられるね、というようなファインゴールでした(笑)

前半にもフリーキックを枠内にシュートされているから、2回同じことをさせたらだいけませんね。

まあ、はっきり言って両ストッパーのミスだけど、気にしなくていいよ(笑)

 

気にしなくちゃいけないのは

なぜ、大前選手とならび

チームで一番ゴールしている

シモビッチ選手を出さない?

 

名指しして悪いんだけど

茨田選手もマルセロ選手も

ノーゴール、ノーアシストの選手だよ。

 

試合後の石井監督のコメントを見ていると

まるで、評論家の分析のようでしたよ(笑)

監督に分析は期待していないよ(笑)

 

シモビッチの勝ち越しゴールが見たかっただけだよ(笑)

Twitterフォローボタン

-大宮アルディージャ観戦日記

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.