本や音楽やドラマなどのほか、大宮アルディージャのホームゲーム観戦を中心にした関連記事

Kobayakawaのブログ

「雑記」 一覧

2006ドイツW杯の思い出 その1『初めての海外旅行』自家製ツアーで格安だったワールドカップ観戦旅行

先日、神戸に入団したポドルスキの記事を投稿した。ポドルスキをドイツの2006年ワールドカップで見たことを書いたのだが、ドイツに行った時の写真が出てきたので、薄れていく記憶を辿りつつブログに投稿してみた ...

盆踊り 若い女の子たちに引き継がれる和太鼓を聞きながら浴衣で納涼

2017/08/07   -雑記

地元の町会で毎年恒例の盆踊り大会が催された。 7月の夏の祭禮の後、しまわれていた提灯が再び出されて、櫓(やぐら)に吊るされてきれいな光を放っている。 櫓(やぐら)の上では、若い女の子たちが威勢よく和太 ...

保育所の思い出 その6(最終回)『さよなら小津先生~小津先生からの手紙~』

2017/08/04   -雑記

日本は四季や自然が豊かに感じられる国だと思うが、保育所での生活は私に季節感や自然観を十分に身につけさせてくれた。「保育所の思い出 その3」でも書いたが、夏の過ごし方もそのひとつだ。春夏秋冬の節句を祝っ ...

保育所の思い出 その5『捨て猫を可愛がってくれた小津先生』

2017/08/03   -雑記

おおらかさと優しやということではこんなエピソードもある。ある時、私たちは保育所の外に散歩にでかけた。場所はもう覚えていないのだが、散歩の途中で段ボールの中に小さな猫が何匹か捨てられていたのだ。私たちは ...

朝顔 浴衣美人に似合う花

2017/08/03   -雑記

朝顔が咲いた。ずいぶん前に種を植えたのだが、ようやく花開いた。紫色だった。 高校生の時、好きな女の子が白地に紺の浴衣を着ていて、その綺麗さに目が眩んだことがある。柄は朝顔でちょうどこんな色合いだった気 ...

保育所の思い出 その4『S先生との思いで』

2017/08/01   -雑記

私にはS先生という好きな先生がいた。当時、中堅くらいの先生だったと思う。優しくおおらかで、なんとなく母性を感じさせるところがあったような気がする。S先生はいつとなく私をかばってくれた。 一度こんなこと ...

保育所の思い出 その3『夏の過ごし方』

2017/07/30   -雑記

私は保育所で友達を作っていった。その友達と一日中遊びにくれたのは言うまでもない。みな愉快な仲間だった。保育所にはトランポリンがあった。しかも本格的なやつだったと記憶している。自転車もあった。用務員のお ...

保育所の思い出 その2『ケンカの作法』

2017/07/28   -雑記

私が保育所で最初に覚えたのはケンカだった。 当時、私は小食で体も大きくなく、冬に毛糸の帽子を被っていると女の子に間違えられるような子供だったが、気が強く、人一倍負けず嫌いだった。私にはケンカ相手の好敵 ...

保育所の思い出 その1『大正製薬の森』

2017/07/27   -雑記

昔『さよなら、小津先生』というテレビドラマがあった。田村正和主演で、内容は、エリート銀行マンが失脚して、高校の政治経済の臨時教師をするという学園物のドラマだ。今回はこのテレビドラマについてのブログでは ...

伊勢神宮と騎馬民族説 たくさんの田んぼの風景から見た日本人の先祖

2017/07/21   -雑記

荒川の河川敷近くの公園(荒川総合運動公園通り)に遊びに行った。この公園には子供が遊べるような人口の浅い水路があって、小さな穴から噴水が飛び出してくる。子供たちがきゃっきゃっ言いながら噴水を浴びて遊んで ...

Copyright© Kobayakawaのブログ , 2018 All Rights Reserved.